2008年03月25日

決算セール開催



本日より3月31日まで、

年に一度の決算セール開催です。

決算処分品、掘出物などいろいろご用意しておりますので、ぜひお立ち寄りください。  


Posted by オルカ  at 11:31Comments(27)

2007年10月19日

ど根性山野草 その後

わが店の横に生えているど根性山野草。
暑く長い夏の日差しでボロボロになりかけましたが、
なんとやっぱりど根性!
すぐ下やちょっと離れたところから新しい芽が生えてきました。
これで今年も可憐な花が見られるかな face01

  


Posted by オルカ  at 18:06Comments(1)

2007年10月13日

敷ふとんのお話③

すっかり秋らしくなって、あたたかいふとんが欲しくなってきましたね。
そこで今日はあたたかい敷ふとんについて考えて見ましょう。

自分もおじさんになってきたため、足先がだいぶ冷えるようになって来ました。
カミさんが言うには、運動しないので足先まで血が回らないからだそうですが^_^;
でもやっぱり背の高い男の人には、十分な長さの敷ふとんが必要です。
足元に座布団を足している・・・などと聞くこともありますが、
寝返りだって打つんだし、ちゃんとしたものの方があたたかいですよ。

それはそれとして、暖かさの条件としては、床からの冷気を遮断するため、
十分な厚さの敷ふとんがあたたかいと思います。
綿の手作りふとんはボリュームがあってあたたかいと思いますが、
なかなか干すことができないと、湿っぽくなって返ってひんやりということも。
干せない人は羊毛系で中芯にヘタリにくいウレタン系の素材を使ったものの方が
あたたかいと思います。
片面羊毛、片面羽毛だと、夏冬ひっくり返してオールシーズン使えますので、
予算に余裕のある方にはおすすめです。

まだ補助寝具として、冬はコットンマイヤーの敷パットを使うのも効果的です。

電気敷毛布を使っている方も多いと思いますが、
それなら西川のダンクリニックもいいですよ。
以前も書きましたが、ダンクリニックの良い点として、
・陰電位治療器と温熱効果を同時に使える
・プラス電位をカットして温熱効果に使用するため、
 夜喉が乾いたり、肌がカサカサしたりすることが少ない。
・温熱も温度や時間など細かな調節が可能。
ということがあります。
けっして安いものではありませんが、
健康を買うと思ったら、しっかりした安心できるものを選びたいですね。

西川のダンクリニック

西川のダンクリニック シングルサイズ100×200cm 207,900円(税込み)
  


Posted by オルカ  at 15:00Comments(0)

2007年10月06日

敷ふとんのお話②

いやいやー、こっちの更新の方が深刻ですなー face07
『本業が一番後回しってどういうこと face04』とダメだしが入りそうです。

他のブログや商店街の雑用が多かったこともあるけど、店も冬用の品物がガンガン入ってきて、片付けるのに精一杯。
疲れちゃった。

で、本題に戻って敷ふとんの話のつづき。
人によって敷ふとんに求めるものは違います。
①寝心地 これも暖かさ≒ふわふわ感やしっかり感≒硬さなどいろいろ
②軽さ  歳を重ねて、力がなくなるとふとんの上げ下げがたいへんです。
③手軽さ パッと1枚で敷けて、干さなくても良い。若い方に多いかな。
④清潔性 ダニがよらない。洗える。
⑤機能性 自分のような、寝ているうちに健康になっちゃおうというちゃっかりさん。

いくらお金を出しても、すべてを満足するものはありません。
しっかりと適度な硬さで身体を支えるには、比重が高くないとだめですから、それには全体の重さは重くなってしまう訳です。

そこでまず、答えが比較的簡単な②の軽さについて考えます。
一番早い答えは、ちょっと面倒臭いですけど、2枚敷きにしましょう。
マットレス+羊毛100%敷ふとん(3.5㎏程度)の組み合わせが、あまり日干ししなくても良いですし、暖かさや硬さもちょうど良いです。
両方で20,000円くらいからあります。

2枚敷くのが面倒な場合は、ウレタンフォームを中芯に使い、回りにわたを巻いたものがあります。
巻きわたの素材は、羊毛100%、羊毛混、化繊わたなどいくつか種類があります。
価格は1万円くらいからありますので半分くらいですみますが、マットレス+羊毛100%敷ふとんと比較するとちょっとふわふわという感じと、吸湿性でやや劣ります。

最軽量はウレタン+化繊わたのその名も『かるがる君』(9,800円)で、中わたは2.9㎏です。

軽量敷ふとん『かるがる君』
  


Posted by オルカ  at 15:02Comments(0)

2007年09月19日

敷ふとんのお話①

一昨日ご来店いただいたお客様は、お友達のご紹介でわざわざ南区から車でお越しいただきました。
先週も1回来店いただいて、下見された上で西川のムアツ敷ふとんをご購入いただきました。
ありがとうございました。

ムアツの構造

ムアツふとんの構造


西川のムアツふとん

西川のムアツふとん 39,800円より


人それぞれ、寝具に対する欲求は同じでも、生活状況や欲求の優先順位で選択は違うもの。
それらを総合的に判断した上でおすすめしますので、よくご理解いただきました。
やはりふとんは説明商品だなと自覚しなおしました。

そのお友達は当店で『綿わた』のおふとんをお作りいただいたとのことですが、今回は一週間に一度程度しか日干しすることが出来ないということだったので、湿気を貯めないということと、身体に負担にならず楽に寝姿勢を保てるという理由で、ムアツになった次第です。

と言うことで、次回からしばらくはニーズごとの敷ふとん選びとそのメリット、デメリットを書いていきたいと思います。
快適に眠るには、掛ふとんより敷ふとんが大事。
明日の元気のためにも、良い敷ふとんで寝ましょう。  


Posted by オルカ  at 15:09Comments(0)

2007年09月17日

カバーも大事

さて、羽毛ふとんは側生地が重要ということを書きましたが、良い側生地の羽毛ふとんをご用意いただいたら、ぜひカバーにもこだわって欲しいもの。
カバーも側生地と同じで、しなやかで軽いもののほうが、羽毛の良さを引き出してくれます。

少しでも軽い方が良いというお客様には、当店ではローン生地の白の掛カバーをおすすめしています。(5,800円)
とても軽く出来ていて、持った感じでは普通の綿のカバーの半分くらいの重さ。

肌になじみやすいという点では、最近は二重ガーゼのカバーをお選びになる方が多いです。
二重ですので、重さ的には普通の綿とさほど変わらないですが、お手頃価格(2,800円から)のものも出てきて、選択肢が広がっています。

また、冬のカバーとして出てきましたのが、マイヤータオルの掛カバーです。
肌触りが暖かく、冬いきなり寝床にはいってもヒヤッとした感じがありません。
グランドはポリエステルですが、肌のあたる毛羽部分は綿100%ですので、吸湿性もあります。
この手の品物、以前は結構重かったりしていたんですが、最近のものは普通の綿のカバーと変わらないほど軽量化してきました。

今回の仕入れで、これも掘り出し物を見つけてきました。

西川リビング製のレムズホームの綿マイヤータオルの掛カバーです。
こんど製品仕様が変わる(刺繍がなくなる)ため、最後の残品の処分です。
ダブルは結構あったんですが、シングルはこの4枚だけだったので、本当に掘り出し物です。

西川リビング タオル掛カバー


150㎝×210㎝ グランド:ポリエステル100% パイル:綿100% キトサン(抗菌防臭)加工
希望小売価格 13,650円を 薄い青と濃い青各2枚づつに限り 8,400円  


Posted by オルカ  at 12:56Comments(0)

2007年09月16日

ゴアラミネート羽毛ふとん

昨日、羽毛ふとんは側生地が重要と書きました。
羽毛ふとんの側生地が硬くなりがちなのは、そのままだと布目から羽毛が吹いてでてしまうため、布目をつぶしているからです。(ダウンプルーフ加工)

だけどもうひとつの選択肢が出来ました。
ゴアラミネートの羽毛ふとんです。
綿の生地の内側に、スキーウェアなどに使われるゴアテックスを圧着したものです。
ゴアテックスは水蒸気は通しますが、それ以上の大きさのものは通しません。
したがって身体からでる水蒸気は外に放出し、中の羽毛は吹き出さないばかりか、外からのダニの侵入も防ぎます。
羽毛ふとんを永く使っていると、キルティングの縫い目から細かい羽毛が飛び出すこともありますが、ゴアテックスを接着しているため、それも完全に防ぎます。
これらの理由でぜん息やアレルギーをお持ちの方にもおすすめ出来る羽毛ふとんになっています。
さらにいいことは、外布をダウンプルーフ加工する必要がないため、柔らかくて風合いが良く、かさ高や通気性も上がっています。

普通のものと比べると2~3万円割高となりますが、永く使うことを考えると、絶対おすすめです。

当店では西川リビング製のゴアラミネート羽毛ふとんをご用意しています。

西川リビング ゴアラミネート羽毛ふとん


150cm×210cm ポーリッシュホワイトグースダウン90%(かさ高性能160㎜)1.2㎏入り
希望小売価格 150,000円を 68,000円

こちらも9月30日までは、西川リビングの希望価格7,000円の高級カバーをサービスしちゃいますよー face02  


Posted by オルカ  at 15:46Comments(0)

2007年09月15日

掘り出し物羽毛ふとん

12日に問屋の売り出しに仕入れに行って来ました。
その中からめぼしいものを、何回か紹介していきます。

まだまだ暑いですけど、そろそろ羽毛掛ふとんを見に来たというお客様がちらほら。
羽毛掛ふとんを選ぶ時、みなさんは何に重点をおきますか。
だいたいの人は羽毛の産地だとか種類、ダウンの比率だと思います。
だけど自分は、掛心地やかさ高に一番影響すると考える側生地を重要視します。
柔らかくて軽い側生地は、身体へフィットしますし、羽毛もよく膨らみます。
安物の生地は、硬くてかさが出ず、見るからにバリバリと音がしそうなものもあります。

今回、仕入れて来たのは、西川リビングの10万円クラスの高級羽毛ふとんの残り側に、ヨーロッパ産のシルバーグースダウン90%(かさ高性能155㎜)の羽毛を、たっぷり1.3㎏入れて価格を抑えたものです。
羽毛の性能としては中程度ですが、たっぷり入れてあるのでこれで充分。
ただし、そのような理由で柄は揃わず、限定4枚限りです。

西川リビング製羽毛ふとん


西川リビング製羽毛ふとん


これを1枚35,000円(税込み)で提供しますので、とてもお買い得です。
さらに9月30日までは西川リビングの希望小売価格7,000円の高級掛ふとんカバーをサービスします。
もし、この冬羽毛掛ふとんの購入をお考えでしたら、ぜひご検討ください。  


Posted by オルカ  at 12:57Comments(0)

2007年09月01日

もはや秋風か

前回、『あまりの暑さに』と書いたのですが、今日は一転もはや秋風のよう。
涼しく感じられるくらいで、そのせいか久々に来店するお客様が多かった。
しかも朝から店の模様替えを。
涼しくなったので夏物をしまい始めたから、片付かない片付かない。
おまけに配達はいっぱいあったし、疲れちゃった。
で、ちょっとひと休みしながらブログ更新。

普段いかに仕事してないか face07

それから、気の早いお客様はもう『こたつふとん、出てない?』
申し訳ありません、もうひと月ほどお待ちいただけますか。
新鮮なこたつふとんをご用意出来ますので face02

この時期は掛ふとんの厚さの調整が肝心ですね。
うっかりすると朝方冷え込んで風邪をひいてしまいます。
足元にもう1枚用意しておくと良いと思います。

今日お届けしたお客様は羽毛の合掛3枚という注文だったのが
いっぱい積んで行ってお見せしたら5枚お買い上げいただきました。
はじめてのお客様でしたのに、誠にありがとうございました。



これからの時季、ちょうどいい厚さの羽毛合掛。
西川リビング製 150cm×210cm ポーランド産ホワイトグースダウン90% 0.7kg入り
西川希望価格65,000円を 38,000円
決して安くはないけど、良い物はやはり永持ちしますし後悔しません。
  


Posted by オルカ  at 18:42Comments(0)

2007年08月21日

あまりの暑さに

あまりの暑さに、ど根性山野草もしおしおです。



毎朝、水はやっているんですけどねー。
何とか夏を乗り切って、花をつけてくれるか・・・心配。
  


Posted by オルカ  at 14:12Comments(0)

2007年08月13日

夏季休業のお知らせ

8月15日より17日まで、夏季休業とさせていただきます。
14日も閉店時間を午後5時とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

  


Posted by オルカ  at 15:30Comments(0)

2007年07月25日

投票へ行こう



うちの『ど根性山野草ちゃん』、順調に育っています。
何とかこのまま花を咲かせて欲しいなー。

参院選投票率アップを祈念して、7月31日まで今回の参院選の投票済証をご持参のお客様に、当店の商品をすべて10%OFFいたします。
なおこのサービスはブログを見ていただいている方にのみ、告知しています。
しかも、申し訳ありませんが確認の必要があるので、来店者限定です。
だから会計のときにこっそり出してね face02  


Posted by オルカ  at 00:21Comments(0)

2007年06月03日

下取り買い替えのすすめ2

下取り買い替えのおすすめの続きです。



干す時間がとれない方は、羊毛の方がおすすめです。
また羊毛の敷ふとんはへたりやすく、干しても膨らむという性質ではないので、クッション性を求めるならわたのふとんの方がよいでしょう。



最近よく出るのはこの純綿うす型軽量タイプの敷ふとんです。
芯にコットンフェルト(純綿わたをパンチングしてフェルト状にしたもの 打ち直すと普通の純綿わたになります)を使用しているので、かさばらず扱いやすい敷ふとんになっています。



ご利用ご用命お待ちしております。

  


Posted by オルカ  at 00:05Comments(1)

2007年06月01日

下取り買い替えのすすめ

本日からセール開始。
下取り買い替えのおすすめです。





羽毛ふとんはこの時期必要ないですが、今のうちに揃えておいていただくと安心。
③の羊毛100%敷ふとんは、在庫は別の柄、写真の柄はお取り寄せとさせていただいております。

これからの季節にちょうど良い敷ふとんはこちら。



ハニカム面は空気層が出来ていますので、保温・放湿を助けます。
在庫は別の柄、写真の柄はお取り寄せとさせていただいております。

季節の変わり目は、ぜん息やアレルギーでお困りの方もいらっしゃることと思います。
そのような方におすすめのふとんはこちら。



もうご存知だと思いますが、インビスタ社のホロフィルわたを使用したふとんです。
側生地も抗菌防臭防ダニ、花粉レリーズ加工を施しています。



なお不要なふとんがたくさんある場合、追加処分は1枚315円の処分料をいただいております。



つづきはまた明日アップします。
ご利用ご用命お待ちしております。  


Posted by オルカ  at 09:35Comments(0)

2007年05月27日

ふとんのお手入れ

ようやく天気も安定しましたが、梅雨がもうそこまで。
今年は陽性か、陰性か。

冬のおふとんのお手入れをしなくっちゃ・・・と考えている方も多いことと思います。
当店では6月1日(金)より、快眠のすすめとして、打ち直し、羽毛ふとんのリフォーム、下取り買い替えセールを実施します。







下取り買い替えの内容は次の回で。
なお古わたの引き取り、リフォーム後のお届けについて、横浜市瀬谷区・旭区・泉区内は無料で行います。
その他の横浜市内および大和市は、1件500円の輸送手数料を頂戴いたします。
よろしくお願いいたします。
  


Posted by オルカ  at 17:02Comments(0)

2007年05月22日

お気に入り

快眠グッズとして私のお気に入りは



トルマリン アイピローです。
数年前、やたらトルマリン加工した寝具が発売されていた頃、仕入れたものです。
はてさて、トルマリンの効果がどれだけ実感できたのか、今では謳ったものをあまり見掛けなくなったので、そうでもなかったんでしょうね。
売っていて無責任じゃないかと言われそうですが、私はトルマリンだからいいですよ・・・という売り方はしたことない・・・というか性格上できないから。

だけどこのアイピローだけは自分で使い続けています。
中にトルマリンの粒が詰まっていて、重さは500gくらいあるでしょうか。
寝る時にこれを冷凍庫から出し、両目にかけて載せるのです。
冷たさと程よい重量感で、気持ち良く眠れます。
結構モニターの前にいることが多く、目を酷使しています。
特にオフの日は長時間。
最近はパチンコの液晶が大型化し、疲れます。
特にエヴァンゲリオンのキセカチは疲れる気がします。
で、このアイピローでクールダウンしないと在らぬものまで見えてしまう face01

ジェルバンド式のアイピローとかよくありますけど、固定しないでもそこそこ安定しているバランスが、寝る時には丁度良い気がします。
トリマリンの効果は定かではありませんが・・・。

朝になったら近くに飛んでいるアイピローを拾って冷凍庫に格納します。

なお残念ながらこのアイピローは、当店では販売終了しています。
提供できないものを紹介して、申し訳ありませんでした。
  


Posted by オルカ  at 15:42Comments(1)

2007年05月21日

合掛は

やっとかけふとんのことがかけます face01

羽毛ではもう暑い、かといって肌掛やタオルケットでは夜中に寒くなりそう。
そういった時は合掛となりますが、オーダーで作る方は別として、既製品としてはふとん屋の品揃えとして薄いところです。
近頃は羽毛の合掛というのが結構出るし、品物も豊富になってきましたが、それはマンションなど気密性の高い家や暑がりの方のための、冬ふとんのバリエーションとして置いてある部分もあります。

では今の時期、当店ではどのようなものをおすすめしているかというと、ウールスペリオールの肌掛ふとんです。



特徴としては次の4点です。
1.サイズがいわゆる肌掛サイズより10cmづつ大きい普通サイズでたっぷり使える。
2.中わた重量が1.0kgで重過ぎず軽過ぎず程よい掛心地。
3.中わたがウールとスペリオールの混紡で、肌沿いが良く、ヘタリも少ない。
4.端から3cmくらいのところにぐるりとキルトが入っていて、しっかり出来ている。



羊毛とかポリエステルのわたは、熱などで収縮しやすく、長期間使用すると側生地とわたが離れてきてなさけないふとんになってきますが、この肌掛はキルトとスペリオールの特性でそのようなことがありません。

しかもお値段もリーズナブル!6300円
ただし特価定番なので、どのような柄が入荷するかは判らず、リクエストに応えられないこともあります。
当店サイトからご購入いただけますが、買物空間に登録するのが面倒な方は、メールをいただければ商品代引きで発送します。
ブログから・・・と書き添えていただければ、2枚以上のご注文で送料・代引き手数料サービスいたします。
ヨロシクね。  


Posted by オルカ  at 15:32Comments(1)

2007年05月20日

謹告

ブログ開設から早や1ヶ月。
快眠の話題と不摂生やその他の雑感が混在し、読みにくいと感じて来ました。
幸いhama1はブログが複数開設できる由。
テーマを快眠と不摂生その他の日記に分けることにしました。
それでココは快眠編。

日記は近々に開設します。
出来たらお気に入りにリンクを入れておきますので、「よろしくお願いします」(時効警察風)

早速保留になっていた「今、掛けるふとん」を書きたいと思っていたのですが、実は1回書いて確認画面から編集画面に戻ろうとしてうっかりブラウザの戻るをクリックしてしまったので、せっかく書いたものが消えてしまって心が萎えています。

そんな訳でまた明日。
画像は「明日は晴れの予感 at 三ツ境駅」 (実はこの前の日曜撮ったもの)

  


Posted by オルカ  at 17:29Comments(4)

2007年05月16日

降ったり晴れたり

今日は日が照っていたかと思えば突然土砂降り、店頭の商品を2回も3回も出したり引っ込めたり、大慌ての一日でした。
帰って夕食後、最近おもしろいTV番組がちっともないので、9時から近くのホールに出撃。
覇-LOAD-で前回当たり後46回転の台発見face02
だけどちょっと変。
背景が昼間。
普通ならこの回転数だと黒龍モード、早めに抜けていたとしても夕方背景なのに。
ひょっとしてラムクリアでもされているのかなーなどと疑いつつも淡い期待を抱いて打ち始める。
しかし昼間から夕に移っても、1~2回転で昼間に移るばかり。
90回転ぐらいで種なしと判断、背後のウルトラマンの島に移る。
ウルトラマンで1000円ほど打ったところで、背後から「あっ、これ入ってる!」との声。
振り返るとさっきまで打っていた台のカウンターのところがピカピカ光ってる。
えっ!えっ!俺の最後で当たってたの?最後の保留まで確認して席を立ったつもりなのに・・・face07
若い兄ちゃんが早速打ち始めました。
玉の貯まり具合を見ると5ラウンド消化したぐらいからかなー。
オカルトじゃ。
その成り行きを背中で感じるのも虚しいので仕事人の台へ移動。
1000円づつカニ歩きで4台目。
これで最後にしようと思ったら最後の回転で元締め指令。
さっきのこともあるし、この指令は消化しようと500円追加したらほんの数回転目シャキーン。
これはいつもと違うパターン、いけるかもface01
右の障子を開けたら町娘、そして左が開いたら・・・たぬ吉くんface02
確変に昇格してひとまずこれでイーブンだぜ!
次はひさびさのハンドルキュイーン!
その後時短引き戻しもあり、5連荘してなお確変継続中に閉店アナウンス、ゲッ・・・あと10分だ。
その次の当たりまで58回転と回転数はそんなに要した訳ではないのに、秀一撃必殺をはずしたり、主水と鉄の二人予告をはずしたり、その間豪剣フラッシュ3回、なんとも熱い=なんとも長いリーチを何回もはずしたので、一番長く感じた58回転でした。
これで終わりか・・・と思ったら次の1回転目であっさり当たり、都合7連荘。
なんとか1万発にのりました。
その当たりも確変だったのはご愛嬌face05
帰りにさっきの覇の台を確認したら、どうやら4~5回の当たりだったよう。
勝ったぜicon22

・・・とおバカな自分でした。

掛ふとんの話を書くはずだったんだけど、撮った画像が今ひとつ気に入らないので、この次こそ。
てな訳で今日の画像は関係ないけど



娘が画の素材として撮った中から拝借しました。
カラフルできれいでしょ。
どこにあったかは聞いていませんが・・・。  


Posted by オルカ  at 01:54Comments(0)

2007年05月11日

ど根性山野草

今日の画像は、私の店の土台コンクリートの割れ目から、今年も芽を出した山野草です。
花屋さんに「植え替えるといいよ」と名前も教えてもらったのですが、忘れてしまった。
小さな青い花をいっぱい付けます。
ただコンクリートを割るわけにはいかなくて、そのままでした。



これから時々成長報告します。
種子でも収穫できるのかな・・・?

さて、熱帯夜の快眠ヒント。
ひと昔前は夏の快眠アイテムというとイ草で出来た寝ゴザでした。
イ草はべたつかず、新しいと香りもさわやかでいいのですが、洗えないのが難点。
替わりに台頭してきたのが、敷ふとんに四隅を引っ掛けて使って、気軽に洗える敷パットです。
今や素材はタオルからちぢみ、麻、スポーツウェアに使用されている化繊など、ピンキリでいろいろ出ています。
その中でもおすすめは、俗にポコポコキルトと言われている、1cm角程度に細かくキルトされたもの。



上の画像は、側が麻100%のポコポコキルトパットです。
当店では3200円で販売しています。
とにかくこのシャリ感が気持ちいい。
汗をかくと、平織シーツだとベタつく感じがいやだけど、これだと肌に密着することがないし、この畝のすき間を空気が流れてベンチレーション効果さえあるような気がしてくる。(ソンナワキャアナイカ)
次の画像は綿100%しじら織ポコポコキルトパットです。
3500円で販売しており、ピンク色もあります。



因みに自分は、綿100%ちぢみ織のポコポコキルトパットを一年中使用しています。
シャリシャリが痒いところを掻いてくれているような気もして、お気に入りですface01

とはいえ今夜はまた気温が下がるとのこと。
上がったり下がったり忙しいですが、掛けるものに気をつけて、お体を大切に。
次回は今、何を掛けると良いか・・・のつもり。  


Posted by オルカ  at 01:06Comments(1)